「子ども達の放課後をまちの大人達が見守る」そんな温かな場所を、皆様の力をお借りして作っていきたいと思っています。

  • とことん遊んでほしいから・・・
    「材料の寄付」募集!

     志木りんくすは市からの委託金つまり、税金で運営されています。「受益者負担」の原則からいけば、作って持ち帰るもの(個人のもの)は、材料代を集金する必要があります。
     けれども、材料費がかかるとなると「作るプロセスを楽しむよりきちんと完成すること」に力点が置かれてしまうのも事実・・・。 「う〜ん、何が出来るかわからないけれど『作ることそのものを楽しむ場所』であることが、りんくすの面白い所なんじゃないかな。 没頭することを大事にしたいのに、結果(完成度?費用対効果?)を求めるのもなあ…」というのが、子どもと付き合うスタッフの気持ち。
     そこで、眠っている生地・毛糸・リボン・折り紙・画用紙、裁縫道具や筆などの寄付を大募集!
     材料費が必要なければ「ちゃんと作らなきゃ」のプレッシャーもなく、「作ってみたい」という気持ちに没頭できます。
     体当たり出来るって楽しい。失敗もよし、変更もよし、保留に再チャレンジ、いろいろやって、ついに納得のいく完成!そんな「楽しいだけの時間 」となるように、お家に眠っているものをご寄付頂ければと思っています。